害鳥、害獣、害虫駆除・対策のことならお任せください

ハクビシンなどの害獣にお困りですか?

ハクビシン(白鼻芯)はその名の通り、額から鼻にかけて白い線があることが特徴です。

夜行性で活動するのは夜間が多く、高所の移動も得意です。

樹木や電線を伝って移動することがあり、屋根に侵入ルートがある場合はダイレクトに天井裏などに侵入することがあります。

巣になった住宅の天井裏は断熱材がボロボロになったりフンが山盛りになったりと激しい汚染被害を受けることがあります。

ハクビシンは野生動物なので、寄生虫や細菌を保有していることがあります。

生態

体長50-80cmセンチメートルでネコのような体つきで鼻すじが長い。

オスのほうがメスよりひと回り大きい。

体は暗い灰褐色で頭、手足、尾が黒い。尾は全体もしくは先端が黒い。

足指の数は前後共に5本である。

これによって、足指の数が4本のタヌキなどと足跡を見分けることが出来る。

年に1回出産し、出産する季節に決まりはないが、夏から秋にかけて多く産む傾向がある。

妊娠期間は2ヶ月で、2-3頭を出産する。子供を産む年齢は生後10ヶ月以降。

食性は雑食で、カキやミカンなどの果実、小動物、昆虫などを食べる。中でも果実を好む。

最近ではハクビシン同様にアライグマの野生化及び生息域の拡大がすすんできており北関東エリアでも被害のお問合せが増えています。​

住宅の被害

ハクビシンはネコ位の大きさですが器用に屋根上などの高所に上ります。

ソフトボール大程の隙間があれば建物内に侵入することができます。

頻繁に入り込むようになるとバタバタと騒音が激しく、断熱材などもボロボロになります。

​フンなども山のように蓄積しますので早急な対策が大切です。

1/1

1/1

工場、倉庫など

 

工場や倉庫などの建物に侵入することがあります。

​倉庫内の商品や機械、資材などの汚染や天井などにフン汚染などが広がることがあります。

​ハクビシンの被害についても、鳥獣対策所ではしっかり対策を行います。

寺院など

 

お寺などは建物の構造上、床下や屋根などからハクビシンが入り込むことがあり被害のお問い合わせが多くなっております。

​天井裏での騒音やフンの蓄積などの被害が他の物件より酷くなることがあります。

1/1

自分で何とかできないかな?

夜になるとドタバタと天井裏を走り回りストレスで何日も眠れないなどのご相談があります。

やっても効果がないことや悪化すること

 ●天井を叩いて追い払おうとする

 ●バルサンなどをたく

 ●超音波発生器を使う

 ●忌避剤を使う

 ●捕獲する(自治体によっては罠を貸出)

 但し殺処分は自分でやってくださいという自治体もあります。

解決しましたか?

ハクビシンの対策で一番重要なのは侵入ルートを遮断することです。

捕獲や追出しを一生懸命続けてても永遠に被害は終わらないことがあります。

入口が開いているのですから繁殖したハクビシンがまた入りますよね。

被害が続くということは汚染や破損被害が知らず知らずのうちに進行してしまうのです。

​一時的な解決よりプロにご相談してみてはいかがでしょうか?

プロの処理方法

器用に侵入し汚染を拡大させるハクビシンを

追出し侵入ルートを遮断します。

01

侵入ルートと建物の問題箇所の封鎖

ハクビシンの主侵入ルートと問題のある箇所を塞ぐ又は補強します。​

​状況によってハクビシンを追出します。

02

捕獲駆除

​天井などに捕獲カゴを設置し潜伏しているハクビシンがいないか一定期間確かめます。

03

点検

ハクビシンの潜伏のない状態がつづき、また戻り侵入などないことを確認します。

04

​清掃及び消毒

ご希望により天井などに蓄積するフンの除去、断熱材の交換や消毒を実施します

処理費の要素

建物の構造や被害状況、駆除の想定期間、高所処理が

必要か?など​により処理費が大きく変わります

​被害状況とダメージ

​被害の汚染度や生息想定数

天井裏などの被害の状態により糞や断熱材汚染を除去、消毒などをするたの費用です。

​状況により断熱材を撤去、施設などすることがあります。

また追出しや捕獲駆除処理にかかる費用などもあります。

40,000円~

処理必要箇所の数

ハクビシンの侵入する建物の隙間がどれくらいあるか

ハクビシンは屋根などの高所から壁開口部、基礎部などの開口部から侵入するため想定できる侵入可能な隙間を処理します。

​その必要箇所の処理費用となります。

20,000円~

​足場や高所作業車

​高所作業車や足場が必要な場合があります。

屋根周りなどの侵入防止処理が必要な場合、高所作業車や足場の設置が必要なことがあります。

35,000円~

悩んでいるより

相談しましょう

プロの解決策を

​聞きましょう

©2019 鳥獣対策所 All rights reserved.

  • Twitter