検索
  • cyojyu

治外法権の中を生きる

最終更新: 1月9日

私たちは生活の中で様々なルールに沿って生活をします。

法律や条例、地域の慣習、社会通念上の常識、マナーなど、強く意識しなくても常についてまわるものです。


しかし同じ環境で生活し、同居しているのにも関わらずルールに縛られずのらりくらり悠々自適に生きるものたち。


ハクビシン、アライグマ、ネズミ、コウモリ、ハトなど。


悪さをする治外法権の中を生きる彼らにも法律や条例などにそって適切に対処する必要があります。



悪さをするから殺す

悪さをする彼ら。

フンをまき散らし、騒音を立て、家を汚し、菌や虫をばら撒くなど。

悪いことばかり。


では捕まえて殺して良いのか?


答えはダメです。


そこにはこちらの法律や条例などが適用されるのです。


鳥獣保護法、動物愛護法などの観点から適切に対処する必要があります。


治外法権の相手に対して法令順守で迎え撃つ必要があります。




治外法権も相まって難しい敵に

被害を受けている方は長期的に悩まされていることも多く

直ぐにでも解決したいとご相談を頂く事も多いです。


しかし工場で作る工業製品とは違い、計画的に淡々とすすめることが難しく

解決に至るプロセスは常に流動的です。

狭い空間に生きる彼らを適切に処置し、入れないようにする。

こちらの思いが伝わる相手ではないので皆さんが思われている以上に手間や時間が掛かります。




ではどうすれば良いのか

答えは 「専門家に相談する!」です。

自分で処理する場合、感覚で対策をとっている方も多く、悪化長期化する例が多くあります。

また建築関連業者にご相談されて失敗した例も多くあります。

生き物を相手にする専門業者に相談するのが一番です‼


但し


業者により得手不得手があり、またその会社の施工技術者の技量や知識量などで大きく

左右されることがあります。


またゴールの設定がお客様のご希望や業者によって大きく異なり、それも含め

作業完了までのプロセスも大きく差が出ます。


なので比較し自分に合った信頼できる「相手」を選ぶことが重要となります。

「有名な会社だから・・・」「値段が最安だから・・・」で選ぶのは二の次にして

下さい。




7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

クマネズミの被害

季節の変わり目にさまざまな生き物の被害相談が増えてきます。 その一つにネズミの被害があります。 数十種類いるネズミの中で人間の生活空間に入り込む家ネズミは3種類です。 ハツカネズミ、クマネズミ、ドブネズミの御三家。 鳥獣対策所の管轄エリアで多いのが7割がクマネズミ、3割がハツカネズミのご相談です。 外が寒くなるこの季節に「暖」を求めるのは人間だけではないんですね。 暖かさのある人の家が、より狙われ

©2019 鳥獣対策所 All rights reserved.

  • Twitter